鬼火

1月6日は、児童クラブのお兄さんお姉さんと一緒に鬼火でした。

前日に、青帽子と児童クラブでやぐらを建てました。

やぐらが完成しました。

当日、小雨は降っていましたが予定通りすることができました。

ホールに集まり、鬼火の由来を聞きました。

「鬼火とは、鹿児島に伝わる伝統行事で、竹櫓とお正月飾りを焼いて、火と竹の弾ける音で無病息災を願うそうでう。」

青帽子が代表で火をつけてくれましたよ。

竹櫓の燃えた残り火で、おもちを焼き、しょうゆときな粉をつけておいしく頂きました。

今年一年、病気をせず元気に過ごせそうですね!

コメントは受け付けていません。