戦争と平和のお話

毎年8月の終戦記念日を前に、園長が子どもたちに戦争の話をします。
戦争を知らない子どもたちに、戦争ってどんなものか、どんなことが起こっていたのか、事実を伝えます。そして「平和」ってどんなことなのか一緒に考えています。
想像もつかないようなことですが、真剣な表情でしっかり聞いていました。
そして、最後に「平和ってどんなことかわかる?」という質問に「う~ん・・・大丈夫ってこと!」と答える子もいました。なんだか、言いたいことが伝わってきます。毎日みんなが元気で、家族やお友だち、先生たちみーんなが幸せであること。

子どもたちが毎日元気に保育園に来て楽しく過ごせる平和な毎日がありがたく、本当に幸せだなぁ・・・と改めて思うことでした。

コメントは受け付けていません。