おいしいおそばが出来たよ。

夏の終わりに種をまき、秋に刈りとり、脱穀し・・・と、

折多地区の地域のおじさんたちや、折多小学校の五年生、デイハウスふたばのみんなと一緒に、育ててきたそばをついに食すときがやって来ました。

そばの作り方のしおりをじーっとながめ、なるほなるほど・・・・と、準備はバッチリの様子。

 

おじちゃんたちに作り方を、手ほどきしてもらいながら、そばを打っていきます。

そばをこねる作業。結構力がいるんです。

小さな体で思いっきり力を込めて、頑張ってこねます。

次は、綿棒できれいに伸ばします。

お友だちと力を合わせて、よいしょー!!

こちらは、そば打ち職人のような真剣な表情です。

最後は、切る作業。

いつも、調理保育で使う包丁よりずっと大きい包丁にみんなビックリ。

太くなりすぎないように、手を切らないように・・・慎重に。

 

ジャジャジャジャーン!!

無事におそばが出来上がりました。

 

おばちゃんたちがゆでて、だしをかけてくれました。

いろんな人たちの力を借りて、おいしいおそばの完成です。

さあ、みんなでお昼です。

おいしそうですね。

自分たちで作ったおそば。

おいしくて、おかわりもたくさんして、食べ過ぎなくらいモリモリ食べていた青ネームさんたちでした。

コメントは受け付けていません。