夢叶う。

今年の冬は、ほんとによく氷が張るんです。

園庭の水たまりや、集会施設の水たまり、広場のカエルの卵やオタマジャクシがいる水たまりにも。

カエルの卵もカチコチで、「だいじょうぶかなー」と心配そう。

毎日、「こおりあるかなー」と楽しみにしている子どもたち。

夕方、バケツに水を張って帰ると、翌朝凍っていたりもして。

木の実を入れたり、色水を作って置いてみたり・・・

朝見てみると、やっぱり凍ってる。

 

ある日、絵本を見ていると・・・

寒い雪国では、氷でこんなことができるんだと載っていました。

「すごいねーアイスクリームみたい(笑)保育園でも、氷できてるよねー。」

「これもできるんじゃない?」

ってことで、やってみることに。

 

手袋に水を入れて・・・棒をさして・・・子どもたちと、テラスに下げて帰りました。

 

翌朝、登園するなり見てみるこどもたち。

でも結果は・・・

「凍ってない・・・」

水の量を調整したり、下げる場所を変えたり、色々工夫もしました。

「明日は雪が降るから凍るかもよ?」

でも、雪の寒い日でも凍らず・・・でした。

そんな日が、何日も続きました。

 

「やっぱり寒いところじゃないと出来ないのかもね・・・」

みんなが、あきらめかけていた今日のこと。

 

朝、登園してテラスの手袋を見てみると「うわぁー氷出来てる!!」と大騒ぎです。

ジャジャジャジャーン!!

ついに夢叶い 雪国の子どもたちのように、南国鹿児島でも、手型の氷を作ることに成功しました。

今年の冬は、ほんとに寒いです。

寒いからこそ、いつもの冬じゃ体験できないこと、たくさん出来るといいね。

コメントは受け付けていません。