お泊まり保育②

「おなかすいたー!!」と連発する子どもたち。

たくさん遊んだから お腹もすくでしょうね。

今日のメニューは、青ネームさんで話し合い、いろんな意見が出たけど、譲り合ったりもして

・カツカレー

・フルーツポンチ          です。

 

フルーツポンチの仕上げ、サイダーを入れて

配膳も自分たちでします。

そして、モリモリ食べます!!

いつもは 食の細いお友達も おかわりして ビックリするくらい

モリモリ食べていました。

お友達と一緒だと おいしいのでしょうね。

 

 

夕食の後は、お楽しみタイム。

ホールに花火を取りに行くと

なななんと!!天狗さんからお手紙が・・・

 

どうやら、天狗さん保育園に遊びに来たときに、羽うちわの羽を落としてしまったようです。

青ネームのみんなで、力を合わせて羽を集めて、羽うちわを完成させてほしいとのこと。

みんなで 話し合いです。

いろんな意見が出ました。

「この前、保育園に羽落ちてたよね!!あれ どこだっけ?」

「てんぐさん 羽うちわがなくて お山に帰れなくてかわいそう」

「みんなで 力を合わせて羽を集めよう!!」

みんなの意見が一致。

暗くて怖いけど、でもお友達と一緒なら 大丈夫。

暗くて怖いけど、天狗さんの為にがんばる!!

そんな気持ちで、勇気を出して、羽探しに数人ずつ出かけて行きました。

「がんばっていってくるね!!」と気合い十分の子も。

嬉しそうに 羽を見つけて帰ってきます。

怖くて、泣いてしまう子もいましたが、最後には勇気を出して、全員が羽探しに行き、一人一枚羽を見つけることが出来ました。

 

こうして、無事に天狗さんの大事な羽うちわを完成させることが出来ました。

 

天狗さんが分かりやすいように と、酒盛りをしていた、

園庭の思い出ハウスに羽うちわを置いて

「てんぐさーん ここに はうちわおいとくからねー!!」と、

みんなで天狗さんに聞こえるように 大きな声で知らせ、ホールへ。

 

その直後でした。

なんと築山の上に 天狗さんの姿が!!

手には、みんなが力を合わせて完成させた、羽うちわを持っていました。

大興奮の子どもたち。

 

「てんぐさん ほんとにいたね。」

「てんぐさん 喜んでたね。」

「よかったねーこれで,てんぐさん お山に帰れるね。」 と。

 

すっごく すごっく頑張りました。

すっごく かっこよかったよ。青ネームさん。

 

優しいみんなが大好きです。

 

その後は、花火をして、お休みなさいでした。

 

 

朝起きて・・・

一言目

「ねぇ きのうてんぐさんきたよね!!」と。

よほど 嬉しかったのでしょうね。

 

みんなで、ラジオ体操をしてから、散歩に出かけました。

カブト虫の仕掛けには・・・・

なんと!!

 

ありさんが 来ていました(^_^;)

 

 

散歩から戻ると、築山の上に、天狗さんからお礼のお手紙と、ごほうびのメダルがありました。

 

嬉しそうに走って、給食室まで見せに来てくれましたよ。

 

 

さあ 朝ご飯です。

朝ご飯も モリモリ食べていました。

 

そして、最後はサークルタイム。

お泊まり保育で 楽しかったことを 一人ずつ言います。

自分の話を 聞いてもらう体験をたくさんした子は、自然と人の話も聞けるようになるのだと思います。

自分の意見を言えることも 大事だけど、お友達の話を聞くことも大事にしてほしいなぁと思います。

サークルタイムでも、いろんな意見が出ました。

「花火が楽しかった」

「魚釣りが楽しかった」

「天狗の羽をみんなで力を合わせて 集めたのが楽しかった」

「お風呂がたのしかった」などなど。

 

「みんなと一緒にお泊まり保育が出来て楽しかった」と言った子がいました。

 

あぁ そうだなーと。

川遊びも、お風呂も 天狗の羽探しも 全部、 ”みんなと一緒” だったから

たのしかったんだよなー と。

大好きな、お友達(や先生)と一緒だったから、楽しかったし、不安もあるし、怖いけど一緒に乗り越えられたんだよなー と。

改めて気付かされ なんだか ほっこり なりました。

「親友」って呼べる友だちがいるって ステキですね。

 

 

お泊まり保育を終えて、またひとまわり大きくなった子どもたち。

イイ表情してますね~♪

 

ひと夏の良い思い出になったことと思います。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。